お知らせ

news

2020/01/24

スポーツ障害 シンスプリントは○○が原因?2



こんにちは(^^♪

最近野球のトライアウトで肉離れをおこしてしまいました(‘_’)

平田です(‘ω’)



今回は前回の続きで、圧力の抜き方を紹介したいと思います(^^♪



簡潔にいきますね(^^♪

ペアを作ります
うつぶせにねて、もう一人が足首を持ち膝が90度になるようにします。
足首を持った人がぶるぶるとゆすります(^^♪

こつは優しくです!(^^)!

もしわからなければ電話をいただければお教えいたしますので!(^^)!



枚方市の野球をはじめとしたスポーツ障害や腰痛、身体の相談など気軽にご相談ください!(^^)!では(^^♪

スポーツ障害 シンスプリントは○○が原因?2
スポーツ障害 シンスプリントは○○が原因?2

2020/01/09

シンスプリトは○○が原因?


新年あけましておめでとうございます。(^^♪

本年もよろしくお願いいたします。!(^^)!



カルロス・ゴーンさんはすごいなとニュースをみて感じております(‘ω’)



さて今回はスポーツ障害でも多いシンスプリントについて書いていきます(^^)/



シンスプリントとは

スネの内側の痛みでスポーツ障害でも結構おおいですね(^^♪

画像が痛みとして出るところですよ!(^^)!

私自身、野球をしていた現役時代によくチームメイトがなっていました(‘_’)



スポーツのやりすぎや偏平足などがネットで検索しても出てきますが、私が主によく見るパターンで多いのが



ふくらはぎの異常な張り
足関節の正常可動域がおかしい(上にあがりにくい)



上記二つですね(^^♪

に関してはふくらはぎが張っているので圧力をぬいてあげればすぐに治ることが多いです(^^♪ただ多くがふくらはぎの除圧は足根骨(足首の少し下)の施術とふくらはぎの施術が必要です(^^♪
に関してはふくらはぎの圧力を抜いてから少しトレーニングが必要となってきますので少し施術に時間を要します”(-“”-)”



少し長くなりそうなので、次回はご自分でできる圧力の抜き方を書いていきますね(^^♪





枚方市の野球をはじめとしたスポーツ障害や腰痛、身体の相談など気軽にご相談ください!(^^)!では(^^♪

シンスプリトは○○が原因?
シンスプリトは○○が原因?

2019/11/11

疲労が回復しない原因は○○?


こんばんは(^^♪

ママさんバレー観戦が非常に楽しく、女装してまでしたいなと考えております(笑)平田です(^^♪



今日は疲労についておもしろい記事があったので皆さんにも知ってもらえたらと思います。(^^♪

疲労や疲労回復については、スポーツ選手が予防等でも怪我をしないために最善をつくされているとおもいます(‘ω’)

もちろん健康でも(^^♪

一般的に疲労の代表的なのが

乳酸ですね(‘ω’)



詳しくは長くなるので省きます(^^♪

気になる方は調べるか直接聞いてください(^^)/



長くなりましたが

疲労の回復に一番大事なのが





睡眠です(^^)/







アスリートの方は当然体のケアも大事ですが体だけでなく脳にもしっかりと休む環境をつくってあげてくださいね(^^♪

特に寝る時間帯がかなり重要ですよ(‘ω’)

寝る前のスマホは脳を覚醒させるので寝れなくなりますよ(^^)/

アスリートだけでなく腰痛や体の不調がある方でも少し気を付けてみると治るものです(^^♪

疲労が回復しない原因は○○?
疲労が回復しない原因は○○?

2019/10/30

スポーツ選手に知ってほしい!この時期おすすめの〇〇!


こんばんは!(^^♪
最近トマトラーメンにはまっている平田です(‘ω’)
もう11月ですね(‘ω’)

少しずつ肌寒くなりスポーツをしている方は特に体が動きにくくなっているのではないでしょうか?(^^♪

今回は以前書いたキーピングウォームについて、お伝えいたします。(‘ω’)

キーピングウォームとは
言葉そのままで
体温を保つ
というものです。(^^♪

なぜ体温を保たなければいけないか、、、、、、、、、、、、、、


皆さんスポーツをする前、冬場は夏場よりも入念に体を動かしてから運動をしませんか?
・動きづらい
・いまいち体が温まらない
などが多いかと思います(^^♪
これにはしっかりとした理由があります。


理由とは体温が低くなることに比例し、末梢神経の伝達速度が下がるため。(^^♪

要するに体温が低くなればなるほど、指がかじかんで動かしにくくなるアレです。(^^♪

なのでこの時期はアップが長くなりがちです(^^♪

そこでこの時期草野球をしている私が実践しているアップ時間を短縮できる方法をご紹介いたします。(^^♪


1. グランドにいくまえに熱いお風呂に入り汗をかく。(^^♪

2. 身体を拭いた後、すぐに服をきる。(^^♪
(体温が下がらないように注意)

3. 上にダウンコートやグランドコートを着用。(^^♪
(汗がでている状態をキープ)

4. 会場について走らずすこし身体をうごかし慣らす。(^^♪

注)
競技の合間も身体を温かく保つ。
静的なストレッチは5秒間で一種目おえる。


以上が私が実践している、この時期おすすめの体温の上げ方です。(^^♪


画像は体表面温度が32℃から1℃ずつ下がると、末梢神経伝導速度は2m/秒くらい遅くなることが分かっている画像です。(^^♪

スポーツ選手に知ってほしい!この時期おすすめの〇〇!
スポーツ選手に知ってほしい!この時期おすすめの〇〇!

2019/10/23

ウォーミングアップで意識することとは(^^♪



こんばんは!(^^♪

最近少しずつ肌寒くなり、風が心地いいですね(^^)/



前回は、ケアについて書きましたが少し理屈的になり難しいので理由についてはもう少し時間をあけてかみ砕いてからお伝えしようかと思います!(^^)!



今回はスポーツ障害の予防、パフォーマンスの部分でも共通する

ウォーミングアップについて、、、意識する部分が結構大事なのでこれを見たなら少し意識してみてください(^^♪



ウォーミングアップの目的はたった一つ





体温を上げること





です!!





身体は筋肉が骨につき神経が筋肉を動かすことによって色々な動作を行うことができます(‘ω’)

この神経の伝達するスピードは体温37℃で一番スムーズに動く(皮膚温)とゆう研究結果があります(^^♪

なのでスポーツをしている人はアップをする前の皮膚の温かさとアップ後の皮膚の温かさを比較してみてください(‘ω’)

汗をかきすぎると体温は下がろうとしていますし、スタティックストレッチを入れすぎると体温が上がらずリラックスしすぎてしまいます(‘ω’)



ちなみに私はこの時期キーピングウォームとゆうものでアップ前には取り入れています!(^^)!

ではでは

ウォーミングアップで意識することとは(^^♪
ウォーミングアップで意識することとは(^^♪